7年

空がお空に帰ってしまって7年がたちました。

今日は午後からは曇り空になりましたが
お昼過ぎまでは青空で
2階のベランダから空を眺めると
たくさんの白い雲が。。。

7年1

空がたくさんのお友達と一緒に
遊びに来てくれたんだなーって思いました(*^_^*)

お空の上でたくさんのお友達と
楽しく過ごしてくれているようで安心しました(⌒-⌒)




7年2

いつもお供えする白薔薇は今年はまだ一輪しか咲いていなくて
(しかも葉っぱが虫に食われてました 汗)
まだ蕾は何個かあるのでこれから咲くみたいです。

そしてお友達のみなさんからいただいた
たくさんのおやつやおもちゃ♪
この写真を撮った後に、庭で採れたイチゴもお供えしました(*^_^*)




空の命日にアップする写真が毎年同じ写真なので
今年は違う写真を(^^ゞ

7年3






7年4

舞とも仲良しだったね(*^_^*)


空がうちの子になってくれたから舞がうちの子になって
そして夢がうちの子になってくれました。
空からはいろんなことを教わったね。
空を迎えた頃、私達はワンコに関してホント無知で
空には苦労させちゃったね。
今でもまだまだだけど、空のおかげでたくさんのことを学べて
舞も夢も元気に年を重ねることが出来ているんだね。

空 本当にありがとね。

もしまた空に会うことが出来たら
もっと長生きさせてあげることができるかもしれないなー
って思ったりもするけど、もう遅いよね。



今日ね、ネットで面白い記事を見つけたよ。
天国を体験した脳科学者が書いたレポートなんだけど
抜粋してみました↓


『数あるアメリカの新聞でも、有力紙の一角として認められているニューヨーク・タイムズ紙のレポートにも取り上げられた、エベン・アレキサンダー3世博士の著書である『プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界』(原題:Proof of Heaven)で、アレキサンダー博士が実際に自分で体験した死後の世界が詳細に書かれている。

 死後の世界など、医学的見地から見れば完全に否定されるものという持論の元に、キャリアを築き上げてきた脳神経外科医のアレキサンダー博士は、2008年に細菌性の脳髄膜炎に冒され、昏睡状態となるまで悪化した。

 絶望的とも思われていた7日間の昏睡状態から奇跡的に復活した博士は、その昏睡状態中に奇妙な体験をしたと語った。

 ゼリー状の不定形なものに生まれ変わり、蝶の羽をまとい、紺碧の目を持つ美しい女性に導かれて天国へ行ったというのである。そして、天国は以下のような場所だと語った。

・天国では言葉は必要なく、すべてはテレパシーによってコミュニケーションがとれる。・天国は様々な光を放つオーブに満たされた巨大な空間。・天国は愛が満ちあふれている空間。』



これは人間だけなのか、動物も一緒なのかわからないけど
きっと空も蝶の羽をまとってパピヨンになってお空にいるんだね。

ママもいつかいくから待っててね。
空 ずっとずっと愛してるよ。
     
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

emi

Author:emi
(宮城県仙台市在住)
パピヨンに魅せられ
ワンコ生活にハマる。
ワンコ大好き♡パピヨン大好き♡
空舞夢にはアマアマメロメロ♡♡♡
ワンコとのお出かけ大好き♡
美味しいものも大好き♡


我が家のパピヨン

空

空(そら)・♂・白茶
小さな子どもからお年寄りまで
人が大好きなおっとり紳士。
2009年5月31日に
お空へ帰って行きました。
12歳3ヶ月と12日でした。


舞

舞(まい)・♀・トライ
よその人よそのワンコが
苦手なビビリちゃん。
家ではおもちゃ独り占めのジャイ子
でも外では自分は怖いのに
年の離れた弟の夢を守ろうとする
母性愛溢れるお姉ちゃん。


夢

夢(ゆめ)・♂・白茶
ワンコ大好き・人も大好きな
フレンドリーワンコ。
でも(人間の)子どもは苦手。
家では1番のあまえっこ。

いくつになったの

*script by KT*
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
FC2カウンター